新型コロナウイルス感染対策

coronavirus

このたびの新型コロナウイルス感染拡大に伴い、被害に遭われている皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 

<お客様へお願い>

お客様、スタッフの安全、安心を守る為、マスクを着用いただき、店内に設置しているアルコールで手指のアルコール消毒をお願いいたします。

また、人と人との人と人との距離を取ることで感染拡大を防ぐため、一定の間隔をあけて接客させていただきます。

お手数をおかけいたすこととなり誠に恐縮ではございますが、皆様に安心してご利用いただく為に、ご理解、ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

マスクを着用してください。

マスクを着用されていないお客様は入店をお断りする場合がございます。大変申し訳ございませんが、ご理解とご協力のほどお願い申し上げます

できるだけお一人でご来店ください。

感染リスクを防ぐために複数人数でのご来店はご遠慮ください。混雑状況によっては店外でお待ちいただくことになりますが、ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

体調不良の方はご来店をお控えください。

風邪症状など体調不良の方は. お断りさせていただいております。県境をまたぐか否かにかかわらず、人混みに出かけることを厳に慎んでいただき、帰省などはリスクの高い高齢者との接触を増やすため、避けてください。

オンラインやご発送をご活用ください。

現在1万円以上で送料無料となります。 お電話でもご注文いただけます。生活必需品以外の買い物には通販を、診療や飲み会にはオンラインをご活用ください。

 

オンライン https://www.winegrocery.com/

お電話でのご注文 075-841-3058

 

一日も早い収束を願い、皆様と美味しく乾杯できる日を心より楽しみにしております。

どうぞご自愛ください。


 

当店では、以下の内容でコロナウィルス感染拡大予防対策をしております。


・ショップ入り口に消毒用アルコールを設置

・店内のアルコール除菌

・店内に空気清浄機を設置

・スタッフすべて常時マスク着用

・スタッフの手洗いならびにうがいの徹底

・スタッフに除菌スプレーを配布し常時除菌

・配達の際も1件ずつ終わるたびに手を除菌

・不要な出社を控え、基本的に在宅勤務を実施

 

 

 

4/8更新

京都市の今後の対応方針


(一部抜粋)

市民の皆様の命と健康、暮らしを守るため、緊急事態宣言を発令された区域と同様の危機感を持って、感染拡大の防止に取り組む必要がある。


当面以下のとおり、新型コロナウイルス感染症対策を実施する。

1 医療保健体制の強化

2 市民の皆様に対する要請

御自身はもとより、家族や大切な人を守るため、市民一人ひとりが無症状でも感染している可能性を認識し、他の人に感染させない慎重な行動を取ることを改めて要請する

(1)不要不急の外出・往来自粛の要請

・ ①換気の悪い密閉空間、②人が密集している、③近距離での会話や発声の3つの密の条件が同時に重なる場所を徹底して回避することを要請する。

・ 人混みが予想される場所はもとより、不要不急の外出の自粛の徹底を要請する。

・ 緊急事態宣言の発令されている7都府県との往来の自粛を要請する。

・ 飲食を伴う会合での感染者が増加しており、家族以外の多人数での会食の自粛を要請する。

・ 夜間から早朝にかけて営業し接客を行う飲食店、カラオケ店、ライブハウス、スポーツジム、パチンコ店、ゲームセンター等の利用を控えるよう要請する。

・10名以上が集まる集会・イベントへの参加を避けるよう要請する。

(2)物資・物流に関する要請

・ 不要不急の買いだめの自粛等、食料品、日用品等の購入の節度ある行動を要請する。

・ 事業者は、価格高騰、買い占め、売惜しみが生じないよう要請する。また、生活必需品(食料品、日用品、医薬品等)の取扱店は営業を継続するよう要請する。

3 事業者の皆様に対する要請

・ 出勤前の体温測定とその結果の上司等への報告、家庭における感染防止対策の徹底など、体調管理の徹底。

・ 時差出勤等を活用した混雑回避やテレワークの推奨など、通勤等による感染拡大防止措置の徹底。

・ 3密の回避、マスクの着用、ドアノブ、手すり等の定期的な消毒、手洗いや咳エチケットなど、職場における感染防止対策の徹底。

・ 臨時休校に伴う保護者の休暇取得への配慮

・ 小売店や飲食・サービス店舗等に対し、衛生管理の徹底はもとより、十分な換気や可能な限り席と席を離す、同一の容器による試飲・試食、レジ等における近距離での行列の回避を要請する。

・ 学習塾等においても、対面授業の休止等を実施、検討されているが、より一層の防止策を徹底されることを要請する。

4 大学等及び学生の皆様に対する要請

・ 大学等に対し、学生との連絡体制を確保するとともに、オンライン方式による授業等に積極的に取り組み、登校による授業開始は延期を要請する。

・ 常に感染拡大を防ぐという思いを持って、懇親会、新歓コンパの自粛はもとより、慎重に行動するよう要請する。

5 市立学校・園の臨時休業(休校)

休校期間中の学習面や生活面での児童生徒等と各家庭への指導を適切に実施する機会を設けたうえで、休校措置を実施する。

6 本市主催イベント及び本市所管施設の閉館・利用停止等

・ 屋外・屋内問わず、原則として当面の間全面中止する。

・ 京都市所管施設は,原則として,当面の間休館、利用停止する。

7 本市所管施設の利用キャンセルへの対応

・ 本市所管施設の利用予約のキャンセルに伴う負担を救済するため、現在利用予約がなされている令和2年9月末までの利用予約に関し、キャンセルの申出があった場合は、既に納められた利用料金は全額還付し、未納の利用料の納付は求めない。

8 乳幼児健康診査をはじめとした集団検診の休止

乳幼児の発育・発達等の健康状態を確認する貴重な機会であることを踏まえ、個別に対象者の状況を確認する機会を設けたうえで集団検診を休止する。

9 企業活動等に対する支援

(1)中小企業向け相談窓口

新型コロナウイルス感染症による影響を受けた事業者向けに各種支援制度の相談に応じる相談窓口体制を継続する(各商工会議所・商工会)。

(2)融資制度や補助金による企業支援

新型コロナウイルスの影響により経営が困難となった中小企業を支援するため、中小企業融資や補助金による企業支援を継続して実施する。

① 新型コロナウイルス対応緊急資金
京都府・京都市協調による信用保証付きの低利制度融資

② セーフティネット保証4号・5号,あんしん借換資金(危機関連枠)

(3)ホームページ等による融資制度や補助金等の情報発信の強化

融資制度や補助金等の情報を集約してホームページ等で情報発信するとともに、市民の知りたい情報を包括的に分かりやすく伝える効果的な広報を徹底する。

(4)セーフティネット保証認定窓口の受付体制の更なる強化

上記取組のほか、4月7日に閣議決定された生活支援臨時給付金(仮称)及び子育て世帯への臨時特別給付金等の緊急経済対策を有効に活用し、支援策を強化する。

10 風評被害への対応,人権への配慮

感染された方やその関係者、医療機関、学校、大学の関係者の方に対する誹謗中傷や心ない書込み等がSNS等で広がっている。許されないことであり、不当な差別、偏見、いじめ等の人権侵害につながることのないよう、正しい情報に基づいた冷静な行動を要請する。
このようなときこそ、お互いが支え合い、助け合い、心を大切にし、この難局を乗り越えたい。

11 京都を愛する方・観光客の皆様へのお願い

全国の京都を愛する方々、観光客の皆様も、今は、御自身と大切な人の命と健康を守るため、自粛の要請に従い、新型コロナウイルス感染症が収束した後、安心して京都に来ていただくことをお願いする。

 


なお、この対応方針は、新型コロナウイルス感染症の感染状況により、変更することがある。

ワイングロッサリーメールマガジン登録